■③0円で本を手に入れる具体的なステップ1~2■

こんにちは!
続きを読んで頂きありがとうございます。
ここからは、一つ一つ進め方を解説していきます。
順を追って進めることをオススメします。

■ステップ1 目標を設定しよう
まず、自分がどうしても入手したい、読みたい漫画(本)を決めましょう!
実現したい目標あってこその手段です。
私の場合、電子書籍のNARUTO カラー版です。
どうせ買うならカラーで読みたいとの思いが強かったからです。
意外と電子書籍のみカラー版の漫画が出ていることは知られていないのではないでしょうか。
私だけですかね。。。知らなかったの。笑
アニメもいいですが、漫画のカラー版もいいものですよ!
正直なところ、本一冊だけだったら、3日かからず、0円購入できてしまうので、漫画やシリーズものの小説なの複数冊あるもののほうが、目標としては、いいかもですね。継続は力なりです。

■ステップ2 電子書籍販売サイトに登録しよう
続いて、実際に本を購入するためのサイトにアクセスして無料登録をしておきましょう。
欲しい本が、販売されていなければもともこうもないですよね。精神的ダメージが多きすぎます笑
大手電子書籍販売サイト(BookLive)とhontoの2つをオススメします。
サイトを選びの基準は、
・自分の読みたい端末が、タブレット、kindle、iphone、PCどれなのか
・それぞれの端末に対応しているか
・選んだポイントサイトの換金方法で購入ができるか
・電子書籍版での購入か、紙版購入か
・運営会社は、大手で潰れる心配が少ないか
・書籍管理の利便性、アプリは使いやすいか
・クーポン(割引券)の配布はあるか、使用可能か
・値段が安いか
・品揃えはどうか
などが気になるところかと思います。

この2サイトは、これらの項目について十分オススメできるのですが、それぞれについて比較注意点を載せておきます。

・アプリをダウンロードしなくてもプラウザ読みが可能
→つまり、KindleなどAmazon端末は、アプリ非対応だが画面さえあれば書籍を閲覧できる。
 個人的にBookliveが一押しな理由。
・紙版の書籍は取り扱っていない
・25%~50%OFFのクーポンが毎日入手できる
→安さについても申し分ない。
・今だけ、入会時前書籍50%OFFクーポン入手可能(1冊限定)
・アプリ、書籍管理が明確でわかりやすい
・大手運営会社(印刷大手)

・プラウザ読みができないので、アプリが対応している端末しか読めない。
→Ipadやiphone、PCなどメジャーなものは対応しているので、問題ないがKindleは不可。
・紙版の書籍も扱っている。
→電子、紙版どちらも購入可能。
・セールやクーポンをメルマガにて頻繁に配信
・今だけ、入会時全書籍50%OFFクーポン入手可能(無制限)
→これは大きいです。3万円分→1万5千円で購入可能。
・アプリ、書籍管理がBookLiveに比べると劣る
・大手運営会社(印刷大手)

つまり、
電子書籍で購入を検討している方で書籍管理を重視する方
→BookLive
紙版書籍で購入を検討している方もしくはプラウザ読みが必要ない、新規登録時に大人買いをする方
→Honto
が良いと思います。

大手書籍販売サイトでこんなにクーポンを配ってくれるサイトは少ないです。
品揃えや利便性で勝る販売サイトはあるかもしれませんが、今回はあくまで0円購入がテーマであるため、
安さを追求します。

ちなみに私はkindleのブラウザで読みたかったのと、毎日クーポンが魅力的であったため、BookLive派です。

ご紹介しているBookLiveとhontoは、どのポイントサイトの換金方法(Bitcash、Webmoney等電子マネー)でも会計に使用可能なのは、確認済みなので安心して登録して下さいね。
BitcashやWebmoneyといったポイントサイトで入手しやすい電子マネー推奨しているのは、一度銀行に入金してからだと手数料がかかってしまいますし、なにより私の場合タダ感がなかったです笑。電子マネーの番号入れたら、支払い額が0になる感じは快感です。

今後の進め方は同じなので、ご自分に合うなの思った方に登録してみてくださいね。
上段でも書いていますが、今だけ新規登録クーポンを以下リンクから入手できます。

bookliveへのご登録はこちら


hontoご登録はこちら


最後までありがとうございました。
皆様のお役に立てれば嬉しいです。
なかなか慣れないブログを書くのは、大変なので、
参考になれば、無料登録だけでもご協力頂ければ嬉しいです。
ご質問等あれば是非コメントを。

次はいよいよポイントサイトの使い方です。
どんどん行きましょう。

続きへ

宜しければクリックをお願いします。↓


人気ブログランキングへ





QLOOKアクセス解析

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック